スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計

世界から孤立して、一人ぼっちだと感じる瞬間でも、時は常に前に進んでいて、流れを感じさせてくれる。一人じゃないと背中を押してくれる。



と同時に、時は「今」しか与えないから、見えない未来に対しての不安を与える。



傷ついたとき、時間が唯一の薬である場合もある。





昔、「時間だけは平等だ」と思っていたけど、その時間の進み方は実は平等では無いのでは?と思うようになった。



いずれにしても、生きている以上、時とは切り離せない。
スポンサーサイト
コメント

時空の流れ

時間はどうやってみても24時間しかなくて、今日の延長上が「明日」であって、イマ(現在)に至る。
その中での時間は平等であると自分は思ってます。


じゃあ別の視点はどうだろう?

「時間」



時と間(マ)。

自分はこの間(マ)の持ち方が個人で千差万別であり、限られた時間を無限~有限にしているのではと思います。



楽しい時間が早く過ぎ去るのはある意味、有限の中で間を司るからだと思います、華やかなコンサートでも、デートの時でも。


日常生活においての時間はある意味、無限と思える。

その間(マ)が均衡ではないだから時間は不平等だと感じられるのかなぁ~って思います。




過ぎ去った時間は戻せないし、帰れない
でも、それでも、季節は巡る


時間って使うものなのかなって思う。



あ・・・オチがまとめられないな

このマが自分なんだろう。

なのちゃん

時間は使うもの、って時もあるよね


与えられた時間の中で、どれだけ有意義に過ごせるか、が生活の質なのかもしれません

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hina

Author:hina
札幌を拠点に活動する
シンガーソングライターhinaです

カテゴリ
お買い物リスト
amazon

ブックオフオンライン
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。